大腸がんの症状 末期

大腸がんの末期症状について!他臓器へ多発的な転移が考えられる結果?

大腸がんの末期症状は、初期症状がまだ腸管内側の粘膜細胞部分に止まっているのに対して、がん細胞が大腸の管壁を浸食して、腸管の外側にまで広がり、大腸周囲のリンパ節や腹膜、大腸以外の胃腸や肝臓などの他臓器に転移した状態となります。

 

末期の大腸がんの状態になると、大量の出血や嘔吐、呼吸困難などを繰り返すことになります。もはや、食物は口からの摂取が出来なくなります。

 

有効な治療法としては、切開手術は不可能な場合も多く、手術できれば良い方で、切開はしたけれど、手に負えずそのまま縫合せざる終えなかった、との話も幾つか聞いたこともあります。

 

また、他の治療法で、大量の抗ガン剤投与による化学療法や放射線治療などが、おもな対処方法になります。

 

末期がんの場合は、全身の患部のがんが完全に消えて完治するという状態は、可能性が極めて少なくなります。

 

全身にがん細胞が転移して、手の付けられなくなった状態では、積極的な有効治療法が無く、医師から余命宣告がなされて、残された余命を全うするためのモルヒネの点滴投与などの緩和療法への移行を検討すべき時期です。

 

終末期のがん患者への医療行為は、患者の苦痛をいかに和らげてあげられるかという緩和医療が重要になってきます。

 

患者は、愛着のある自宅へ帰って、最後を迎えるというのが、理想に近いでしょう。

 

大腸がんの場合もそうですが、がん一般にいえることですが、発見が遅れ、すでに初期症状を通り越して、症状が相当進行している場合、根本治癒が難しく、延命治療にならざるをえない場合があります。

 

なかなか有効な治療法が見いだせないからですが、大量の抗ガン剤投与などの化学療法では、転移した方々の癌巣が一旦は小さくなっても、患者さんへの負担も相当に重く、癌の再発の可能性も高まります。

大腸がん関連の総合情報

スポンサードリンク