大腸ガン 初期症状 年齢

大腸ガンの初期症状の多くは年齢的に60歳代に多く出ています。

大腸がんの発症は、老年の入り口である60歳代で一番多く発生しています。

 

また近年、大腸がんは、これまで長年発症率で1位の座にあった胃がんを抜いてトップの座を窺っています。

 

ここ約20年間で、大腸がんの患者数は約2倍に増えているそうです。

 

また、女性では1年間に約12万人ががんで亡くなっていますが、そのうちでも大腸がんは死亡率のトップに立つがんです。

 

大腸がんは、年齢で発症数を見てみると、さきに述べた60歳代が一番多くて、次いで多いのが50歳代、その次が70歳代となっています。

 

大腸がんは典型的な老年病だともいえるでしょう。

 

金属疲労がひと頃話題になった時期がありましたが、大腸がんは大腸の酷使と器官疲労で発生する病気なのです。

 

大腸がんの初期症状は余り目立たないといわれますが、年齢的に50歳を過ぎたら器官に相当の疲労ダメージが来ていると認識するべきなのです。

 

自分は胃腸の病気はしたことはないし、消化器系は強い方だから、まだまだ大丈夫と思い過ごさないことです。

 

いくら強がっても、病気の蓋然性に例外はありません。

 

50歳に達したら1、2年に一度は最低でも大腸の精密検診を受けることが大事です。

 

それが無理なら、定期的に潜便血の検査のための大便採取の検査を医療機関に依頼すればよいでしょう。

 

大腸がんは、早期発見ができて、早期治療を受ければ約90%の確率で完治が見込めるがんなのです。

 

また、併せて食生活や生活習慣にも気を付けましょう。

 

飲酒は控えめにして、タバコは止めましょう。睡眠時間も気を付け、健康的な生活に切り替えましょう。

 

仕事も無理はせず、気分転換のために適度な運動も良いでしょう。

 

食事は、脂っこいものはなるべく避け、野菜や水分を欠かさないようにしましょう。

大腸がん関連の総合情報

スポンサードリンク