大腸ガン 初期症状 腰痛

大腸がんの初期症状は腰痛としても現れます。気を付けましょう。

大腸がんの初期に、ひどい便秘や下痢、腹痛や下血、血便、強い便意が繰り返えされようになりますが、大腸内の肛門に近いS字結腸や直腸あたりにできたがんであれば、比較的そういう初期症状が出やすくなります。

 

また、残便感も強く残るようになります。

 

下血や血便での鮮血が多いほど、直腸側でのポリープの発生や直腸でのがんが疑われます。

 

ところが、盲腸側の結腸では大腸の先頭部からS字部あたりまでのお腹の深部となるため、比較的初期症状が出にくいといわれています。

 

この部分は腸の内径も大きくポリープができていも、まだ便は水分を十分に含んでおり便通は比較的妨げられにくいからです。

 

大腸内のポリープが大きく成長したり、複数出来て腸管内を塞ぐようだと、やはり便秘気味になったり、腹部の膨満感や痛みが強くなってきます。

 

大腸がんの初期症状での腰痛とは、おもに直腸がんのケースで見られるようです。

 

大便が通過する時、発生したポリープを刺激し、肛門の奥に鈍い痛みが起こり、臀部にかけてその痛みが走ることがあるといいます。

 

こうした腰にかけての痛みが直接感じられるということは、大腸がんの進行はかなり進んだ段階にあり、初期症状の後半期だと認識しておく必要があるかも知れません。

 

早めに病院へ走り、精密検査を受けてみる必要があります。

 

便潜血検査や直腸指診、内視鏡検査などが有効です。

 

症状があるのに、そのまま放っておけば、重篤な事態を想定しなければならないでしょう。

 

大腸がんは、大腸のどの部位で起こるかによっても、その症状の出方が違ってきますので注意すべきです。

 

早期発見、早期治療の重要性が叫ばれる大腸がんですが、他臓器への転移など末期状態になる前に対処したいものです。

大腸がん関連の総合情報

スポンサードリンク