大腸ガン 初期症状 ブログ

大腸ガンに悩む人のブログにがんの初期症状が語られていました。

医療や健康の話題で、ネット上の書き込みをチェックすると、がんに関する内容の書き込みが多く見られます。

 

それだけ世相と現実を反映しているのだと、見ることができるでしょう。

 

がんについて、さらに大腸がんと絞り込むと、やはりヒットする数も相当数あります。

 

大腸がんで悩む個人や家族の闘病記ブログや大腸がんに関する医療機関や専門医による医学・医療情報、医療・健康情報の掲示板に記載されている大腸がんについての基礎知識や注意すべき初期症状や医療解説などです。

 

日本人は、がんのなかでも胃がんの次に大腸がんにかかりやすいのだそうです。

 

アメリカに移住した日本人移民の追跡研究が有名なようですが、日本人移民は欧米系の移住者よりも大腸がんの発症数が多いことが知られています。

 

また、日本人の移民は、二世三世の世代となり、欧米人と同じ肉食と油っぽい食事を中心とした食習慣を身につけると明らかに大腸がんの発症例が増えるのだそうです。

 

日本人は、本来農耕の民で、穀物や野菜、魚がおもな食料でした。

 

ですから、狩猟中心だった欧米系の人々に比べて、食物にタンパク質より繊維分や塩分が多いため胃がんが主流だったといわれています。

 

ところが、近年欧米系の人々のような肉や油分の多いタンパク質中心の食事傾向の変化に応じて、大腸がんが優勢となっています。

 

いずれ、胃がんを追い抜くといわれているのです。

 

ヒトには、肉食中心の食事に傾くと、遺伝的に引き継がれるDNA情報の中に、大腸がん発症の誘因となりやすい要因が存在しているのかも知れません。

 

大腸がんのブログ記事でも、患者家族の記事が圧倒的に多いのですが、それは患者がご高齢で直接ネットで日記のような記録を残すような習慣とスキルを欠いているからでしょう。

 

日本での大腸がんの発症例の多い年齢は、60歳代が1位であり、次いで70歳代、50歳代と続きます。

 

また、ブログで取り上げられている話題で多いのが、大腸がんは切除手術不能ながんであるとか、化学療法(抗ガン剤治療)やリンパ節や腎臓など他器官への転移などの話題が上げっています。

 

やはり、検診による早期発見や治癒確率の高い早期治療の必要性を訴えている人が多いように感じます。

大腸がん関連の総合情報

スポンサードリンク