痛くない大腸がん検査

痛くない大腸がん検査について!内視鏡の検査!

痛くない大腸がん検査といえば、便の潜血検査と拡大内視鏡を使った検査の二つが一般的です。

 

また、このほかにも、触診検査やエックス線検査、CT検査、PET検査などもあります。

 

しかし、とりわけ前二種類の検査は重要性に置いても、コスト面でもすぐれています。

 

まず、便の潜血検査ですが、陽性反応の精度には問題もあるものの、とても便利な検査キットが開発されており、手軽に検査を受けることが出来ます。

 

50歳を過ぎたら、3ヶ月に一度や半年に一度といった頻度で検査が受けられます。時間のない人でも、自宅で検査キットに便を採り、最寄りの医療機関へ持ち込めばよいだけです。

 

初期症状を知る簡単な検査法となります。

 

次が、内視鏡検査です。

 

こちらは頻繁にとは行かないかも知れませんが1、2年に一度専門病院に予約して検査が受けられます。

 

拡大内視鏡の良い点は、準備も含めて数時間程度で終わり、しかも大腸内を直接見ることができ、小さな腫瘍まで見逃すことはありません。

 

また、腫瘍部が見つかれば、その場でサンプル採取や切除施術までもできてしまう点です。

 

内視鏡の技術とイメージ、それから施術に当たる医師の技術も数段に進歩してきています。

 

また鎮痛剤などの患者の負担軽減への工夫が進化しています。

 

内視鏡の挿入が苦痛だったという時代は過去のものとなっています。

 

拡大内視鏡を使用した検査法の進歩は、精度の高い診断を可能としました。

 

大腸がんなど消化器系のがんは内視鏡検査の出現によって大きく改善されつつあるのです。

 

がん治療では、早期発見、早期治療の重要性が叫ばれますが、内視鏡検査や新たな腫瘍マーカーなどをチックする血液検査法の開発は、それを確実に現実のものとしつつあります。

大腸がん関連の総合情報

スポンサードリンク